去年のオープン戦の登板一覧

25日

吉田3 田中正2.2 上原1.1 宮西 玉井

26日

根本4 井口 金村2 福田 石川直

 

3月

4日

鈴木健4 福田 宮西 玉井 メネズ 石川直

5日

金村3 田中正3 ロドリゲス 山本0.1 松岡0.2 宮内

 

7日

ポンセ 河野 根本 長谷川

8日

加藤 ロドリゲス メネズ 矢澤 北山 石川直

10日

生田目 井口 宮内 宮西 玉井

11日

ガント 吉田 長谷川 福田 宮内 ロドリゲス 田中正 石川直

12日

上原 井口 福田 北山 メネズ 長谷川

 

14日

ポンセ 長谷川 金村 矢澤 田中正

15日

加藤 宮西 玉井 メネズ 石川直

18日

上沢 井口 ロドリゲス 北山

19日

ガント 鈴木 矢澤 宮内 メネズ 田中正

 

21日

ポンセ4 北山2 田中正 宮西 ロドリゲス

22日

加藤6 玉井 メネズ 石川直

24日

金村6 井口 宮西 石川直

25日

上沢6 北山 ロドリゲス メネズ

26日

ポンセ5 鈴木健 宮内 玉井 田中正

現時点での打線考

中(左) 松本

左(中) ティーブンソン 浅間 五十幡 水谷

右    万波

三    野村

指    レイエス

一    アリエル 郡司

二    石井 水野 奈良間 加藤

捕    伏見 田宮 進藤 清水

遊    上川畑

 

※赤字は左打者

 

iippanashi.hatenablog.com

週末登板予想

iippanashi.hatenablog.com

 

週末の試合が

教育リーグ

オイシックスエスコン

1日 伊藤

2日 山崎福

 

オープン戦

阪神(札幌ドーム)

2日 加藤

3日

 

4試合あって上記の3投手の登板が決まっている。バーヘイゲン、マーフィーの外国人投手はエスコンの経験が無いからエスコンの試合を優先するのか、1軍の試合を優先するのか。仮に前者なら、イニング数を埋める必要があるからファームの投手がオープン戦で投げる可能性もあるんだろうか。

 

登板予想

教育リーグ

オイシックスエスコン

1日 伊藤 ザバラ 達 畔柳

2日 山崎福 バーヘイゲン マーフィー

 

オープン戦

阪神(札幌ドーム)

2日 加藤 鈴木健 生田目

3日 上原 田中瑛 福島 柳川

北山今後考

www.doshinsports.com

 

北山のこの日の真っすぐは、ルーキーイヤーの一番いいときのような真っすぐだった。多分日ハムの中では一番いい真っすぐを投げていると思う。ただ北山の場合再現性に課題があって次の登板で同じような真っすぐを投げられるのかというのはまだ疑問符は付く。

 

だから大事なのは次の登板だろう。キャンプでずっと投げ続けているのでそのままローテーションで投げるか、少し間隔を空けるかは分からないが。昨日のクオリティの投球が安定して出来るならローテ5枠目に大きく近づくのは確かだと思う。

 

ドラフト1位の細野は左腕で最速158キロというのが当然売りの投手だが、目指すべきなのは北山のような真っすぐに思う。ちょっとタイプが違うというか質が違うというのはあるかもしれないが、何となくそんな気がした。コントロールというところばかりいわれるが、今はあまり小さくまとまらず、粗削りでいいから左で北山のような投手を目指すというのはどうだろうか。

去年の3.4月ローテ振り返り

nf3.sakura.ne.jp

       加藤    上沢 金村

ポンセ 伊藤 加藤 上原 上沢 金村

池田  伊藤    加藤 上沢 上原

金村  伊藤 鈴木 加藤 上沢 上原

伊藤  鈴木    加藤 上沢 メネズ

 

去年のローテはポンセがまず離脱し、次いで金村が離脱した。その穴埋めのために鈴木健矢が先発に回って救世主的な活躍。メネズも中継ぎから先発に回り、北山も5月から先発に回った。

 

先発防御率 3,4月 4.10 5月 1.95

キャンプ大まかな振り返り

www.fighters.co.jp

 

キャンプが終わって(打ち上げ後の練習試合含めて)大まかに振り返ると怪我人も出ず(キャンプ前に清宮が怪我したが)、雨で試合が流れることもなく、ほぼやりたいことはできたようなキャンプだったと思う。細かいことまではわからないが、新庄体制の過去の2年がこのキャンプに生きていることを願う。

 

当然全員がよかったわけではないし、アピールが不足した選手もいたがそういった選手はもう一度作り直してまたアピールするチャンスがあると思う。一人名前を挙げるなら現役ドラフトで入団した水谷がファームスタートから、1軍昇格になってアピールが凄く出来ていた。

 

キャンプ後のオープン戦前の準備としてはほぼ万全にできたようなキャンプだったと思う。懸念があるならまだ経験が浅い金村、根本、北山がずっとキャンプ中に投げ続けたところ。体力をつけるためという意図があるなら、いいがとりあえずチャンスを与えるためとも思えてしまう。

 

根本は侍ジャパンがあるし、そこは外せないが、北山、金村は首脳陣の意向でいつでも投げられるのでしっかりコンディションを見て、必ずしも開幕1軍というより先を見て登板間隔を決めてほしい。

 

選手個々はオープン戦で調整というよりアピールしたいという選手がほとんどだと思うが、まずはキャンプの疲れをしっかり取って万全のコンディションで3月からのオープン戦に入ってほしい。

先発ローテ育成考

先発

伊藤 加藤 山崎福 バーヘイゲン

上原 北山 金村 根本 マーフィー 鈴木

 

中継ぎ

田中正 池田 河野

玉井 福田 鈴木 山本拓 北浦 杉浦 石川直 ザバラ

 

今日の練習試合では北山が先発ローテ入りを大きくアピール。金村は結果だけを見れば少し後退してしまったか。ただあまりそこは気負い過ぎず、結果を求めつつもよくないときはいい意味でそれをプラスにしてほしいと思う。

 

北山、金村、根本の3人はローテの一角というよりエース級の投手になれる可能性があると思う。だからローテから漏れたとしても戦力として安易に中継ぎに入れるみたいな起用は個人的にはどうかなと思う。

 

中継ぎで経験を積ませるという考えもあるかもしれないが、先発としての起用を優先してほしいし、枠から漏れるならファームで先発で投げさせつつ、枠が空くのを待つほうがいいような気はしている。あくまで今年は勝ちに行くというなら、上記の3人を中継ぎに入れてという起用のほうがいいんだろうか。

 

まだ体力が不足している金村、根本は開幕ローテの5枠目に入れなかったら、中継ぎに入るとかより5月からの6枠目を目指してファームでもう一ヶ月体を作るというのも育成としてはありのように思う。先発の赤字の4枠がバタついたらそこにいつでもいけるだろうし。