ガント去就考

www.nikkansports.com

 

ガントが故障明けに初めてのブルペン投球。他の外国人が軒並み帰国しているのに、残って練習を続けるというのは、凄いといえば凄い。もしかしたらフェニックスリーグで実戦登板できるくらいまで調整するんだろうか。

 

仮にそうなら来季も契約延長の可能性も出てくるのかもしれない。ただそうだとしても、来季シーズン直前とかにまた肘が痛み出してトミージョンが必要みたいな状況になったとしたらチームとしては編成面で大ダメージを食らうことになる。

 

そのリスクを考慮した上でも契約延長なのか、もう見切りを付けるのかは判断が難しいところはある。

阪神金村コーチ去就考

www.sanspo.com

 

web.archive.org

 

阪神は新監督に岡田氏の就任が濃厚とのことで、新コーチ陣の報道もちらほら出てきた。この報道を見ると金村1軍投手コーチの去就はちょっとわからない状況。

 

もし金村氏が阪神から離れるなら、古巣である日ハムのコーチをしてほしいというのは、金村氏のコーチとしての功績からファン的には期待はある。

 

日ハムとの縁という意味でも、上のようなエピソードを見る限りあるから可能性はもしかしたらあるんだろうか。トレードで放出されているという過去もあるから、細かい事情は当時を知らないファンからするとなんともいえないところはあるが。

近藤去就考

www.youtube.com

 

FAを持っている近藤の去就は現時点では当然不明。札幌ドーム最終戦では近藤がファイナルピッチの捕手役になって、チームを代表してスピーチもした。この内容、雰囲気だけを見れば近藤がFA権を行使してチームから離れるという風には見えない。

 

ただこの球団のフロントの選手の扱いを見ると、そんな雰囲気が一変して近藤がFA権を行使してチームを離れる可能性は無いとはいえないのも正直なところ。

 

後は近藤が今のチームをどう思っていて(あのスピーチだけではわからない)、フロントが近藤に対して満足いくような条件提示が出来るかというところに掛かってくる。

 

一つ言えるのは仮に近藤がFA権を行使してチームを離れたとしても、よくある裏切り者というような言い方をするファンはいないとはいわないけどそこまで多くは無いと思う。

 

名前出すのはあれだけど西武ファンの浅村や、ロッテファンの鈴木大地に対する印象なんかと比較すれば日ハムファンの近藤に対する印象は大分優しい感じにはなると思う。あとはなるようになるしかないし近藤がどういう選択をするか見守るしか無いだろう。

 

余談ではあるけどファイナルピッチだったり、近藤のスピーチに比べると新庄ビックボス改め新庄監督のパフォーマンスは個人的には若干白けてしまうところはある😓。近藤は華が無いといわれるし自分もそう思うけど、それが近藤のよさのような気がしないでもない。

【楽天】石井監督が来季もGM兼任で指揮 今季4位以下確定も中・長期的な戦略にも注力

www.nikkansports.com

 

最近の楽天を見るとガンガン補強することは当然チーム力アップに繋がるし、順位に繋がるけど若手を使う場所が狭まって選手を育てるのが難しくなるというところもあるかなとは思う。

 

今オフはまた強力なFA補強に乗り出すのだろうか。楽天はFAでの獲得人数が多いのは、単純に報酬、待遇が魅力的なのか、それ以外の魅力も大きいのか。

 

日ハムも来季戦うにはFA補強は必須だと思っているが楽天が今年もFA補強に本腰を入れるならFAでの獲得は難しいのかもしれない。

杉浦復活のカギ

baseballdata.jp

baseballdata.jp

www3.nhk.or.jp

 

杉浦が今年調子を落とした理由は数字を見るとストレートの被打率が去年の.167から今年の.265と悪化したことが一番の理由に思う。

 

杉浦はストレートが投球の軸になる投手なのでそこが崩れると、変化球で交わすしかない投球になってしまう。杉浦のストレートの質が落ちた理由は前も書いたけど慣れないクローザーというポジションで1年投げた負担が今年出てしまったことではないかと思う。

 

そこでどうしたら杉浦が復活できるかを考えたら、近年不調に陥っていたのに今年復活した横浜の山崎が一つヒントになるのではと思う。年齢的には杉浦の一つ下で近いし、彼は中継ぎという負担の大きいポジションでずっと活躍してきた投手なので、杉浦が参考になる部分は大きいと思う。

 

杉浦の肩肘の状態がよっぽどよくないとかなら来季の復活は難しいが、今オフにしっかり肩肘のメンテナンスをしつつ、山崎が取り組んだようなトレーニングを杉浦なりにやれれば、来季先発でチームの軸になれるくらいの可能性はあると思う。

フェニックスリーグ野手展望考

baseball.yahoo.co.jp

 

シーズンはほぼ終了したことで、来季を見据えて今後まず大事になるのはフェニックスリーグになる。そこでまず野手に関して展望を考えてみるとまず捕手の梅林、古川の二人はフェニックスで多くチャンスを与えられるのではと思う。

 

多分宇佐見が正捕手に一番近いと考えられているはずなので、第二捕手を誰が取るかというのがポイントになってくる。最近の1軍での起用を見ると古川、梅林にその可能性が高い様に思う。

 

梅林は打撃に課題があるし、古川は守備の課題があるのはもちろん打撃もまだ粗さはある。そこをフェニックスで少しでもその課題を埋めてくれればと思う。古川は外野を守らせて外野守備の経験を積みつつ打席数を増やす考えもあるかもしれない。

 

二遊間でいえば細川、水野に期待が掛かる感じではと思う。上川畑は膝の怪我もあるから基本的にはフェニックスには参加はしないような気がする(終盤に調整で出る可能性はあるか)。細川はセンターなんかもやらせてもおもしろいか。

 

三塁は有薗がもしかしたら来季1軍で戦力になれるくらい伸びてくる可能性はあるから、彼もフェニックスではチャンスが多く与えられると思う。

 

外野は五十幡が一番期待度的には高いと思う。彼はとにかく打撃が課題で、今シーズンは1軍であまり経験を積むことができなかったのは痛いけど、フェニックスで多く打席に立って少しでも打撃のレベルアップをすることが来季の活躍のためには必要だろう。

 

万波、今川の二人は1軍で300打席以上の経験を積んだから投手のレベルが落ちるフェニックスに参加することは必ずしもプラスにはならないかもしれない。それでも経験を積ませるために参加する可能性はありそうか。

 

清宮、野村は基本的にはフェニックスに参加する可能性は低いのかなと思っているけど、侍ジャパンとの練習試合があるのでその調整のために日程の最後のほうに参加する可能性はあると思う。

日ハム対ロッテ札幌ドーム最終戦

www.youtube.com

 

近藤が先制ホームランを打ってそのリードを上沢が守って後ろに繋いでくれる展開が理想的だったけど、そうはいかなかった。

 

上沢は力みがあったのかもしれないけど、ホームランを打たれるのはまだしもそのあとの2連続四球はよくなかったし、それが大量失点に繋がってしまった。

 

以降の投手陣は見たまんまよくない投手が多かったし課題が多く出てしまった。試合全体としては全体的に雑な印象の試合ではあった。

 

最後の札幌ドームの試合がこういう形になってしまったのは残念だけど、弱いということがあらためて浮き彫りになったことはプラスの面もあるかもしれない。あとは今年出た課題をどれくらいオフに取り組んでいけるかというところになってくるんだろうか。