日ハム対西武

ヒット6本で5点取って勝つというのは、最近の日ハムにはなかなか無かった形。要するに長打、ホームランが決め手になって勝ったわけだけど、レアードを放出したチーム編成ではこの形で勝つのはなかなかできてはいなかった。

 

今は今いるメンバーでなんとかやっていくしかないけど、来年以降は長打の打てる外国人野手を入れることが改めて必要だなと感じる試合にもなった。

 

今年に関して言うなら、清宮がこの苦しい時期を糧にして、残り試合の中で結果を出してくれることに期待するしかないし、近いうちに中田が戻るという話もあるので、彼らが多く長打を打つことで、西川、近藤、王あたりがプレッシャーなく打てるようになれば、また打線の活気が戻るかもしれない。

 

投手に関していうなら、西武打線を最少失点に抑えてくれて凄くよかったと思うけど、一人名前をいうなら玉井の安定した投球内容が凄いなと思う。安定している分頼り切りになって登板数が増えているのが心配だけど、その辺は首脳陣も多少は配慮してあげてほしい。

ショートスターターのパイオニア加藤

baseballdata.jp


今日の加藤の投球を責める人が多いのは仕方のないことだけど、開幕から色んなところでフル回転してくれて、ずっと不規則な形で登板していたし、シーズン終盤に慣れてない起用の連続で調子を崩してもそれは当然のことのように思う。



日ハムの首脳陣が新戦術ショートスターターに挑戦して、誰もやったことのないような難しい起用法に一番応える形で、開幕から今まで投げ続けてきた加藤が最近調子を落としたからといって、彼を責めるのはさすがに酷なように思う。



駒不足で苦しい中現場で奮闘している加藤が責められて、ほとんど投げていない外国人投手や、しっかり戦力を整えられなかったフロントがあまり責められてないのは、違うような気がしてならない。

日ハム対西武

加藤が試合を作れなかったけど、彼は開幕から変則的な登板をずっと繰り返しているし、本人も1,2試合前から思った通りの球が投げられてないといっているので、打ち込まれても責めることはできない。

 

何度もいっているけど、新外国人投手が機能せず、上沢、マルティネス離脱では現場の投手陣の負担は倍になっているし、失点を抑えろというのは酷に思う。

 

そこを打線でカバーしていくことが必要なんだけど、野手の外国人は実績のあるレアードを放出して、実績の無い王柏融の補強だけでは、レギュラー組の負担は去年以上に増えるし、打線が機能しなくなることが多くなるのは当然の話。

 

オリックスが今好調だけど、外国人野手を4人取っているし4人いれば、活躍できる選手が増える確率が高くなる。

 

日ハムも似たような方針を取らないと、外国人野手が機能する確率が減って、結果レギュラーの負担がまた大きくなってしまう。

 

 

今年の日ハムは野手も投手も外国人が機能してない分日本人のレギュラー、主力の負担が大きくなっている。今のチーム状況に関して選手を責める声がほとんどだと思うけど、個人的には選手を責める気にはあまりならない。

 

今のチーム状況を見ても今試合に出ている選手は去年以上に頑張っていると感じる。それなのに結果がついてこないのは、フロントの予算を区切ったチーム編成や、若手偏重の起用のチーム編成、スタウトの能力の低さがレギュラーの負担を大きくしているからだと思うので。

 

来シーズンは、チーム編成のやりかたを大きく変えないと、今シーズンと同じようにレギュラーの負担が大きくなるだけでまた低迷するシーズンになってしまう。

 

西川、近藤は数字だけを見れば、去年と比較していいというわけではないけど、レアード放出にプラスして、大田や中田が離脱したときもずっとスタメンで試合に出てチームを引っ張ってくれている。

 

玉井、井口も半分負けが決まったようなときにも投げているけど、数字だけ見ても貢献度は大きい。彼らも外国人が機能してない分のしわ寄せが多く来ている。

 

現場の選手がいくら頑張ったところで、こういうようなフロントの運営のやり方だと、限界がある。フロントのチーム編成のやりかたの稚拙さが、現場の選手の負担増に現れている。

 

パリーグ順位表

f:id:iippanashi:20190820225430j:plain

 

ここから日ハムが浮上は難しいだろうと思う。7月までレアード抜きの打線、上沢、マルティネス離脱というチームの中首位争いできたのは、ソフトバンクは怪我人だらけ、西武は浅村、菊池流出でチーム力が落ちていたから、なんとか食らいついていけてたということだと思う。

 

レアード抜きの打線から、中田が離脱してしまえば他のレギュラーの負担は大きくなるし、得点力が落ちて当然。そこをカバーできる力は今のチームにあるとは思えないし。

 

 

残りの30試合は清宮の経験のためという意味合いが強くなりそうだけど、それがいいのか、よくないのかという判断はしずらい。それでよかったという形になることを願うしか無いのだけど。

 

 

よくいわれる言い方なのかチームのために清宮がいるのか、清宮のためにチームがあるのかっていうのが今年のチームのような気が正直するんだけど、そういう見方をしている自分のような人の手のひらを返させてくれることが一番いい形なんだろうけど。

レアード放出、近藤サード考

www.nikkansports.com



近藤のサードのエラーは個人的には責められない。この間久しぶりにサードに戻ったと思ったら、またレフトにいって、それでまたサードに戻ってみたいな起用法になってたら、ミスの確率が増えるのは当然だろう。開幕からずっとサードかDHにしか入ってないという起用法の上でのエラーならまだ理解はできるけど。



この近藤のサードの起用も、レアードの放出が無ければ必要のない起用だったわけで、レアードの放出が近藤への負担増に繋がっている。レアードが残っていたら近藤はレフトに専念できて、打撃成績も違っていたかもしれない(サードへのチャレンジが打撃にプラスになることもありそうだけど)。



レアード放出、近藤サードコンバートも、何回もいっているけど、王柏融の獲得と、清宮の出場機会の確保が一番の理由になっている。これもなんどもいっているけどここに関しては球団の編成の考えの甘さが今のチーム状況に繋がっている。別にレアードを残した上でも王柏融、清宮の出場機会は作れるし、そのほうがレギュラー組の負担も軽かったし、今のチーム状況は無かった。


今の苦しいチーム状況を見ると、球団が考えたチーム編成、運営が全部後手に回っている気がしてならない。一番は選手のことを第一に考えて、若手の成長を計算にいれたカツカツの戦力でなく、他球団と比較しても渡り合える戦力を現場に与えてほしい。

日ハム対西武

内容に関しては、なるべくしてなっているという内容。レアードが抜けた打線から、7月のOPSが.900を超えていた中田が抜けると得点力が落ちるのはしょうがない。

 

投手陣に関しては何度もいってるけど、上沢、マルティネス離脱、新外国人が沈黙の状況でよくやっている。これだけ機能してない投手が多ければ現場の投手陣の負担は大きくなるし、失点が増えるのは当然。

 

その中でも防御率はリーグで上位なのだから、よくやっているのは間違いない。

 

打線に関しては、西川、大田、近藤で基本なんとかするしかないけど、そうなるとマークがそこに集中する分得点をするのが難しい。4番の清宮に関しては経験を積ませたいのはわかるけどOPSで .555の選手が4番では、打線が切れることは増えるのは当然の話。

 

レアードが一年目に一切打たなくても我慢していたことがあったけどそのときは下位に置いていたし、今の状態の清宮を4番に置いて点が取れなくて負けてしまうと、さすがにもやもやした気持ちにはなる。

 

それが栗山監督の育成法といえばそれまでなんだけど、残りシーズンでそれに応えるような成長した姿が見られるのか。

パリーグ順位表、ソフトバンク、西武、日ハムの選手流出の差

f:id:iippanashi:20190820035255j:plain

 

パリーグに関してはソフトバンクでほぼ決まってしまったかなと思う。これは結局何が差を分けたか。

 

理由は一つとかではないんだけど、大きい理由を挙げるなら選手が流出しないソフトバンクと、選手が流出する西武、日ハムという違いかなと思う。

 

たらればはよくないけど西武が岸、浅村の流出を防いでいたなら。日ハムがレアードの流出を防いでたならどうなっていたか。ソフトバンクが認めていないポスティングの移籍も西武、日ハムは認めて菊池、大谷も流出した。

 

ソフトバンクからすれば、選手の流出を好待遇で防いでいれば、日ハム、西武は勝手に選手流出で弱くなってしまうような感覚もあるように思う。

 

防ぎようがあった流出、そうでない流出色々あるだろうけど、結果的にはそこが今の結果の差に結び付いていると思う。仮に防げなかったとしてもその後の穴埋めに関しては西武も日ハムも足りなかったところがあった。

 

西武は今年も打線の破壊力はナンバーワンだけど、浅村がいたときと比較すればどうしても落ちる。でも外崎のセカンドコンバートに加えて、外野(DH)の強打者を補強していたなら浅村離脱の戦力減を最小限に抑えられたように思う。

 

日ハムのレアードの流出に関しては、散々書いたのでここではもう書かないけど、西武、日ハム共に流出への対応、流出後の対応が十分で無かったことがチーム力の低下に繋がり、ソフトバンクの独走に繋がってしまったように思える。

 

ソフトバンクは強い、強いというけど、西武、日ハムの球団運営の甘さというか、優勝に賭ける気持ちの差が結果に繋がっているように思う。来年以降ソフトバンクに対抗するなら、そういう所から変えていかないとずっと同じ結果が続いていってしまう可能性が高いと思う。

 

球団を運営するための予算はチームごとに違うだろうから一概にいえない部分はあるんだろうけど、そこをずっと言い訳にしていたら、差はなかなか縮めることはできない。