今後の野手競争考

baseball.yahoo.co.jp

何度も書いているが、

 

捕 田宮 伏見 

一 アリエル 遊 水野 三 郡司 

右 万波 中 松本

 

この7人はある程度は今後もスタメンが多い選手で、競争というよりしっかりコンディションを整えてという立場の選手だと思う。競争になるところは

二 上川畑 石井

左 スティーブンソン 野村 今川 五十幡 清宮 淺間 水谷

指 レイエス 加藤

 

セカンドは上川畑、石井の併用でたまに水野を休ませるときにショートを上川畑というのはある程度決まっているところ。競争として今後激しくなるところはレフトと指名打者のところだと思う(赤字のところ)。

 

レフトと指名打者のポジションが機能しないことが打線が活性化しない一番の理由になっている。1軍で野村がホームランを打って、ファームで清宮、淺間がホームランを打ったことは競争という意味ではいいことだし、水谷も昨日ホームランを打っている。

 

個々で取り組んでいることはあると思うし、コンディション的な問題がある選手もいるが、チャンスはまだまだあるポジションなので、勝負を賭けるところは掛けてポジションを掴むがむしゃらさは見せていかないといけないと思う。悠長に構えすぎな選手がまだ多い印象はある。

 

ここまである程度チームがいい位置にいるのはレフト、指名打者のポジション以外が安定できていることが理由だが、まだ一気に行けているわけではないのはレフトと指名打者の貢献度が低いことがその理由。ここを必死に掴む選手が出てくるかは今後凄く大事になってくる。