日ハム対ロッテ

 

先発バーヘイゲンが相手打線を圧倒するような投球。粘られた打者もいたので球数がかさんで6回までになったところは少しもったいなかった。この内容で7回まで投げてくれるとチームとしてはありがたいと思う。

 

中継ぎは堀はよかったけど、ロドリゲス、杉浦は不安定な内容。これは二人には慣れないところをやってもらっているというところもあるからしょうがないところはある。球団がチーム編成をする際に中継ぎ投手を補強するくらいなら手駒の選手を配置転換してなんとかしようとするのは、それはフロントの怠慢だと自分は思う。

 

打線は西武戦と似た感じの低調さ。西川の打点が決勝打になってくれたけど投手陣の踏ん張りに助けられたことは否めない。明日から打線が投手陣を助ける活発さを見たい。