消化試合になって元気になる選手、フロントの考え方

消化試合になりつつある中で、球団が主力として期待して編成していたビヤヌエバ王柏融、清宮が元気になりつつある。勝ち負けに意味が無くなりつつあるのでプレッシャーが軽減されたのだろうか?

 

王柏融は3年契約だし、清宮は所属選手なので来季の心配はないが、ビヤヌエバは残留かそうでないかの違いがある。彼は来季は構想外だろうと決めつけていたが、フロントはコストが掛からなそうという理由でビヤヌエバを来季も契約する可能性があるような気がしてきた。

 

ビヤヌエバは残留をアピールするために残り試合で結果を残そうと必死だろうし、フロントもその気持ちを汲んで契約する可能性はありそう。

 

来季は西川が野手では抜ける。その穴をどうにかして埋める必要があるけど球団フロントは王柏融で穴を埋めようと考えているような気がしてきた。

 

王柏融、清宮、ビヤヌエバを来季もレギュラーとして起用するというチーム編成をフロントは考えてるのかもしれない。もしそうなったら今季以上に低迷するシーズンは間違いないだろう。ただそうやってチームを編成すればコストは最小限に抑えられる。

 

日ハムは勝ちを目指すよりコストを抑えることを最優先しているので、上記のようなチーム編成になる可能性が凄く高い。結果負けが込んで下位に沈んだところでコストは掛かっていないので痛くもかゆくもないというのがフロントの考え方になっている。