日ハムの育成法の疑問

今日のようなオーダーを組みたいなら、近藤をサードにするしかない。近藤をサードにするなら、本腰を入れて開幕からずっとサードを守らせる。守備固めでレフトに回すような起用はしない。

 

できるなら守備固めも入れず、最後まで近藤にサードを守らせて、もしかしたら終盤に近藤のミスで負けるかもしれないけど、それも含めて経験として、サードとして成長できたと思う。

 

でも目先の勝ちを求めて、近藤がレフトを起用に守れることもあって、試合終盤には近藤をレフトで起用していた。結果近藤のサードとしての技術、経験が積みあがっていかず、サードとしては中途半端な状態になってしまった。

 

清宮、王柏融は結果に関わらず我慢強く使い続けたのに、近藤のサードに関しては、そういう意図が感じられなかった。日ハムは育成がうまいといわれるけど、こんな起用法で近藤がサードとして守れるようになるわけがないと思う。

 

今浅間が2軍で復帰してホームランを打ったけど今日はサードを守っている。彼ももう外野は基本守らせる必要はないくらいに思う。今シーズンに関して言えば、外野でもサードでも準備したほうがいいけど、来季以降はサードに専念するくらいのイメージで、外野は一切やらないくらいの気持ちじゃないとサードで育つことは無いと思う。

 

近藤も浅間も器用な選手なので、外野をやってサードをやってがそれなりにできてしまう。それなりにできてしまう分サードとしての技術が上がっていっていない状況。日ハムも外野もサードも二人が守れれば、都合よく起用できるから両方させているけど、結局経験を積むうえでは中途半端な起用になってしまっている。

 

近藤にしても浅間にしても外野はいつでもできるような選手。だからこそ半分外野を捨てるくらいの勢いでサードだけを守らせる必要があったと思う。近藤のサードに対して練習不足だとか、二つのポジションを守るなら2倍練習しろとか指摘があったけど、自分はそれは理不尽な指摘に思っている。

 

近藤の技術不足、練習不足を指摘できるのは首脳陣が近藤の起用をサードに限定したときだけだと思う。サードに専念した試合出場が積み重なることで初めて近藤のサードとしての技術が上がると思う。それを練習不足とだけ指摘、批判するのは自分の中ではおかしい。

 

近藤はサードの守備に関しては、経験を積まないといけない、できることをとにかくやろうと思うと、レベルの高いサードをやろうとは考えてはいなかった。ただ首脳陣が、都合よくレフト、サード、レフトと起用してしまった分近藤のサードとしての経験値が積みあがっていかなかった。