UFCがPRIDEを買収?

http://hochi.yomiuri.co.jp/battle/fight/news/20070324-OHT1T00100.htm

総合格闘技イベントの「PRIDE」が、米最大の総合格闘技団体「UFC」に十数億円で買収されていたことが23日、複数の関係者の話で明らかになった。27日午後5時から東京・六本木ヒルズアリーナで公開記者会見を行い、UFCのダナ・ホワイト社長はじめ選手らが出席して大々的に公表する。

 1997年に誕生したPRIDEは、高田延彦VSヒクソン・グレイシーなどの一戦で人気を集める一大イベントに成長。だが、00年から放送してきたフジテレビに昨年6月契約解除され、番組打ち切りとイベントから完全撤退された。年間十数億円とも言われる興行権料、放映権料などの収入源とともに大きな母体を失った後もイベントを存続させていたが、かねてからの選手の高額ファイトマネーなどがかさみ、ついに力尽きた。

 関係者によれば、会見ではUFCとPRIDEの「提携」が発表されるようだが、実質的にはUFCに完全に吸収されるという。主催会社DSE(ドリームステージエンターテインメント)の榊原信行社長は退任。DSEは事実上清算され、UFC直系の新会社が設立される見込みという。「PRIDE」の看板が消滅するかどうかは不明だが、4月8日の「PRIDE34」(さいたまスーパーアリーナ)がDSE主催の最後の興行になりそうだ。

 DSEはこの日、公式サイトで「重大発表公開記者会見」の開催を発表。「ファンの方々、マスコミ・関係者の皆様方に向けてPRIDE史上最大の発表を行います」と予告しているが、内容については触れていなかった。

DSEに取材拒否されて以来DSEに嫌がらせ的な報道を繰り返してた報知なので、煽り的な部分が入ってないとはいいきれないと、現時点では思うが、ただPRIDEの所有権が榊原氏から他の誰かに移るのは決定的にも思う。その所有権が移るのがUFCのオーナーのロレンゾ&フランク兄弟だということか。あくまで現時点での予想としては、発表会見で榊原氏とダナホワイトが握手。PRIDEとUFC電撃合体!PRIDE対UFC(実際は順番が逆(苦笑))が次々実現します!的な発表をする感じだろうか。別の話だが、集英社週刊ジャンプなどの)と小学館(週刊サンデーなどの)のオーナーも実は同じだが、競争原理を煽って両者を競わせてるが、UFCとPRIDEも似た関係で、PRIDE自身で運営をある程度コントロールできる状態ではあってほしいなと思う。
http://miruhon.net/news/2007/03/post_65.html

PRIDEは27日にファンも参加できる公開記者会見を発表。UFC関係者も来日するが、あくまで「悲願の地上波復活を目指すための新会社の設立発表」であり、「UFCとの提携」がアピールされ、PRIDE名義は存続するという。つまり、ズッファ社によるDSEの買収ではなく、あくまで新会社が過去の遺産を譲り受ける模様。また新会社は東海テレビなど日本の複数社も出資するため、「UFCが完全にコントロールするわけではない」という。実際、新会社の社長には東海テレビのエースが就任予定、「フジテレビとの関係改善が至上命令になる」らしい。

ともあるが・・・。現実的にはPRIDEは実質UFC日本支社的になるんじゃないかと自分は思う。人気日本人の過剰なプロテクトが無くなったり、いい面がでてくるかもしれないし、どういう展開になっていくのかある意味では楽しみな部分も多い。結果PRIDEの規模が縮小、あるいは消滅する可能性もあるんだろうけど、榊原体制が続いたところで、反社会勢力との関係、地上波撤退、スポンサー減少と、ジリ貧だったので同じだったかもしれないし。